医師紹介・略歴・著書

院長

・医学博士

・日本内科学会総合内科専門医

・日本循環器学会循環器内科専門医

学 歴

東京都立町田高等学校(1992年卒)
北里大学医学部(2000年卒)
北里大学大学院医療系研究科(2006年卒)

職 歴

2000~2002年 北里大学病院内科
2002~2003年、
2008~2010年(出向)
沼津市立病院循環器内科
2003~2004年(出向) 竹田綜合病院循環器科
2006年~2015年 北里大学医学部循環器内科学・助教
2012年~2014年(留学) ドイツ Würzburug University Comprehensive Heart Failure Center
2015年~ しながわ内科・循環器クリニック

受賞歴

第25回日本心臓財団・バイエル薬品海外留学助成

主な論文

1. Increased Serum Bilirubin Levels Coincident With Heart Failujre Decompensation Indicate the Need for Intravenous Inotropic Agents. Int Heart J. 2007; 48 (2): 195-204.

2. Prognostic Significance of Increased Serum Bilirubin Levels Coincident with Cardiac Decompensation in Chronic Heart Failure Circ J. 2008 Mar;72(3):364-9.

3. Acute DNase1 treatment improves left ventricular remodeling after myocardial infarction by disruption of free chromatin. Basic Res Cardiol. 2015;110(2):472

症例報告

1. 左室ペーシングの併用により術後心不全を脱却し、遠隔期には著明な心機能改善が得られた2弁置換術の1治験例 呼吸と循環 2005;53(10):1087-1091.

2. エポプロステノール導入にてショック状態から容易に離脱しえた慢性肺血栓塞栓症の1例 Therapeutic Research 2005;26(10): 1992-1993.

3. 18年の経過で死亡した慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)の1剖検例 Therapeutic Research 2008;29(10): 1734-1736.

4. 上腸間膜動脈の細菌性動脈瘤破裂に対し,コイル塞栓術が有効であった感染性心内膜炎の1例 心臓2009; 41(3): 313-318.

5. 水利尿薬トルバプタンの追加投与で低Na血症と低心拍出量状態から脱し、独歩退院と在宅療法が可能となった難治性心不全の1例 呼吸と循環 2011;59(11): 1145-1152.

6. 慢性血栓塞栓性肺高血圧症の急性期予後予測因子の検討 -造影CT・肺血流シンチ所見のミスマッチ- Therapeutic Research 2011; 32(10): 1237-1240.

教科書

1. 急性心筋炎に伴う心不全 『新・心臓病診療プラクティス(6)心不全に挑む・患者を救う』筒井裕之・吉川純一・松崎益徳 編、文光堂、2005年

2. 慢性心不全の診断-診断. 新しい診断と治療のABC 33 慢性心不全 堀 正二 編、最新医学社、2005年

3. 急性・劇症型心筋炎の新しい診断・治療ガイドライン 『Annual Review 2006 循環器』 矢崎義雄・山口 徹・高本眞一・中澤 誠 編、中外医学社、2006年

4. 心筋炎 『循環器疾患最新の治療2006-2007』 山口 徹・堀 正二 編、 南江堂、2007年

5. 心筋炎 『臨床心臓病学』 松崎益德・吉川純一 編、文光堂、2007年

6. 疫学と生命予後を識る 『新・心臓病プラクティス (10)心筋症を識る・診る・治す』 文光堂、2007年

7. 拡張型心筋症『循環器疾患 最新の治療2008-2009』堀 正二、永井良三 編、南江堂、2008年

8. 左心不全、右心不全の診断と治療 『循環器系コア・カリキュラムテキスト』 文光堂、2008年

9. 疾患モデルの作成と利用:循環器疾患:心筋炎モデル 『モデル動物利用マニュアル』 エル・アール・シー、2010年

10.難治性心不全の病態と診断 『心臓移植』 布田伸一 福嶌教偉 編、シュプリンガージャパン、2011年

11. 侵襲的血行動態モニタリング(動脈ライン、スワン・ガンツカテーテル)
『これだけは知っておきたい 循環管理』 -研修医からの質問323- 山科 章 編、2016年

総論

1. 「心不全:最新の診断と治療:強心薬の使い方」『診断と治療』2005年

2.「慢性心不全:輸液療法の再評価-日常治療として」『綜合臨床』 2005年

3. 「欧米におけるコホート研究」『心不全(上)最新の基礎・研究の進歩- Nippon Rinsho』 2007年

4. 「心不全治療薬概論 Ca2+感受性強心薬」『心不全(下)最新の基礎・研究の進歩- Nippon Rinsho』2007年

5. 「心不全予防-その最前線を探る:併発した多臓器障害を考慮した予防的介入を探る:肝不全」『内科』2007年

6. 「2006年心不全の進歩」『循環器専門医』2007年

7. 拡張型心筋症をめぐる最新の話題:特集:かかりつけ医が診る心不全『クリニカル プラクティス』2007年

8. 「心不全:心不全治療が睡眠時無呼吸に及ぼす影響」『睡眠医療』 2008年

9. 心筋リモデリングからみた収縮不全と拡張不全の相違 『CARDIAC PRACTICE』 2009年

10.診療ガイドラインを読む:急性および慢性心筋炎の診断・治療に関するガイドライン(2009年改訂版)の概要 『RAJ Journal』 2010年

11.慢性心不全の予防と早期診断 『日本医師会雑誌』 2011年

12.急性心筋炎:胸痛の鑑別とその治療方針を知る 『Heart View』 2011年

13.トルバプタンの追加投与により安定した血行動態のもとにうっ血の解除が可能であった重症肺性心と大動脈弁狭窄症の合併心不全の一例 『Fluid Management Renaissance』 2011年

14.急性心不全への挑戦; 診断・病態把握; 侵襲的評価 『Medicina』 2012年

15.Cellular immunity and cardiac remodeling after myocardial infarction: role of neutrophils, monocytes and macrophages. Curr Heart Fail Rep. 2015 Feb 28

  

学 歴

聖マリアンナ医科大学(1983年卒)

職 歴

・聖マリアンナ医科大学病院内科

・一般財団法人 仁和会総合病院内科

・品川医院